赤ちゃん離乳食と健康

いっぱい過ぎる英才教育 > 健康 > 赤ちゃん離乳食と健康

赤ちゃん離乳食と健康

離乳とは、赤ちゃんが母乳やミルクなどの乳汁栄養から幼児期の食事に移行する過程のことをいいます。その食べ物を離乳食といいます。

 

赤ちゃんの離乳の進み具合には個人差があるため、進める場合には赤ちゃんの成長具合に合わせて離乳食を与えることが大切です。

 

離乳食の始めはなめらかにすりつぶした状態のもの、舌で噛み潰せる固さ、歯茎で潰せる固さ、歯茎で噛める固さの状態と食べ物の固さを調節していきます。

 

また、子供の様子を見ながら、徐々に一匙から食事にリズムをつけて二回食から、家族と一緒に食卓を体験させながら三回食、食事のリズムを大切にして生活リズムを整え、自分で食べる楽しみを与えることが大切です。

 

注意点として、離乳に合わせて、新しい食品を始める時は一匙ずつ与えて様子を見ながら量を増やす、慣れてきたら野菜や果物などを食べさせ、食べるのに慣れたら豆腐や魚などの種類を増やします。

 

調味料も始めの頃は必要なく、進行に応じて砂糖や塩などの調味料は薄味で行います。

 

しかし、はちみつや黒砂糖などはボツリヌス症予防のため満一才までは使用してはいけません。

 

初めて食べる食材の場合アレルギーが出たときに備えて、すぐに受診できるように午前中に食べさせると良いでしょう。

 

食物アレルギーの症状の一つとして湿疹があります。

 

離乳食の時期に突然湿疹が表れたら、経過をよく観察して、アレルギーが疑われる場合は病院で診てもらいましょう。

 

また離乳食が始まると、腸内環境が大きく変化し、それまで腸内細菌の9割近くを占めていたビフィズス菌がかなり減少するために便秘になりやすくなります。

 

食物線維を含む食材をメニューの中に多く含めたり、ヨーグルトなどの発酵食品も与えて、腸の健康に留意してあげましょう。子供に人気の青汁特集



関連記事

  1. 赤ちゃん離乳食と健康
  2. 糖尿病も早めに気づいて対策すれば大きなリスクはない
  3. 慢性的なビタミン・ミネラル不足の現代にドロップキック