糖尿病も早めに気づいて対策すれば大きなリスクはない

いっぱい過ぎる英才教育 > 健康 > 糖尿病も早めに気づいて対策すれば大きなリスクはない

糖尿病も早めに気づいて対策すれば大きなリスクはない

脂肪肝の恐ろしい点は、心筋梗塞(発症する数日前にも強い痛みを感じることが多いといわれていますが、感じないこともあるそうです)や狭心症といった心臓病、脳梗塞といった血管系の疾病を招く可能性があるからです。脂肪肝になるのは、運動不足やカロリーの摂りすぎです。

 

暴飲暴食を続けることでコレステロールや中性脂肪が肝臓に溜まってしまうのです。

 

特に30代~40代の間で脂肪肝になる人の割合が増えており、過去10年間で2倍以上の増加がみられます。その通り治療をしないままでいると症状を悪化指せてしまい、合併症が目に出る可能性もあります。

 

目の合併症で多いのは糖尿病網膜症で、初期の頃の症状はほとんどなくて気付くのが難しいという特性があます。

 

それでも症状が進むと周囲がかすんで見えたり、視野に黒い点が見えたり、視力の低下など、最悪の場合には失明してしまう危険があります。

 

 

糖尿病になり重い合併症にかかると、生命の危機もあるのですが、早期に見つけてうまく血糖値のコントロールができれば、日常生活が困難になるとは限りません。

 

 

ですので、糖尿病予備軍かもしれないと気になっている人は、毎日の体のコンディションを糖尿病にみられる症状と照らし合わせてみると、早くに発見することが出来るため安心することができます。

 

ダイエット中には、肉や魚・大豆製品などからタンパク質をしっかり摂る、バランスを考えた食事を意識しましょう。

 

 

また食物繊維の多いキノコや野菜などの食品には糖質の吸収をおだやかにするといった効果が期待出来ます。

 

 

さらにショウガ・とうがらし・にんにく・などは新陳代謝を上げる働きがあるので、ひとたびついてしまった脂肪の燃焼を手助けします。ただ、食べる量を減らせばいいという楽な解決法ではないですよね。

1日の運動や行動に適したエネルギーは体の大きさや活動する量により人により変わります。そこでまず、自分に必要なエネルギーを計算により割り出しいつもの食事量が自分にとって調度いい量を超えていないかを覚えておく必要があります。

糖尿病腎症にかかると腎臓で尿をつくる働きが低下し、人工透析を行わないと不要物や老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)を体外に自力で排出できず、寿命を縮めることになってしまいます。

 

 

 

そのため、糖尿病腎症になった際には、月水金や火木土などの一日置きに医療機関で人工透析をうけるという生活を続ける必要があるので、日々の暮らしに大きな負担がかかることになります。運動したり体を動かすにはエネルギーを必要としますが、筋肉は血液中の糖を利用してエネルギーに変換します。血糖値を下げる効果があります。

 

一方、運動不足ではエネルギーの消費が少なくなり常にエネルギーが過剰になりインスリンを大量に生成するため膵臓が疲れて使い物にならなくなってしまいます。

 

インスリンが過剰に生成される状態は食欲が増して、脂肪の吸収や合成を高め、その取り込みを活発にします。

 

 

 

さらに脂肪細胞にたまった中性脂肪は分解しにくくなるなど、脂肪ががっちりと蓄積します。

要約すれば一度インスリンが過剰になるとさらに過度な食欲や肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)が加速していき血糖濃度が上がりやすくなる悪いサイクルに陥ってしまうのです。血糖値を下げるサプリとは?

 



関連記事

  1. 糖尿病も早めに気づいて対策すれば大きなリスクはない
  2. 慢性的なビタミン・ミネラル不足の現代にドロップキック