炊飯器は試食を食べてから

いっぱい過ぎる英才教育 > 注目 > 炊飯器は試食を食べてから

炊飯器は試食を食べてから

家電店の炊飯器売り場で試食を食べ比べて見て、あきらかに違いを感じた炊飯器がありました。

試食はみな炊き立てのご飯をラップで包んだものですが、冷め切ったご飯でしたが、圧倒的な差を感じた炊飯器がバーミキュラライスポットです。

実はテレビで紹介されていたのを見て、家電店に足を運んだのですが、さすがに値段が高いのですぐ買うわけにもいかず、実物を見に行ったのですが、たまたま試食キャンペーンがあった訳です。

我が家の炊飯器も内釜のコーティングが剥がれて、買い替えを妻と相談してた所なのでドンピシャなタイミングでバーミキュラライスポットを知った訳です。

ご飯は寝具と一緒でほぼ毎日の生活に関わるものです。

我が家では車などの物欲はさほどないのですが、日常生活に関わる寝具、お風呂、トイレ用品、調理家電などはよいものを購入しようと話し合っていました。

いまや炊飯器も10万円以上する高級品もあり、値段で選ぶと、機能が沢山あったりするだけで、結局使わない機能がついているというのはごめんです。

シンプルイズベストな製品が当たりと思っていますし、昨年購入したエアコンもそうでした、機能がありすぎて値段が高かったのですが、結局は冷やすというシンプルな機能しか使わないし、お掃除機能がついているのだけど、黒カビは普通に発生していました。

エアコン掃除の業者に掃除の依頼をしたのですが、お掃除機能のついたエアコンは値段が高くなったし、ということで複雑な機能はいらないが我が家の基本です。

話が戻りますが、炊飯器としてシンプルな機能で日本の職人の技術力が生み出す、バーミキュラライスポットは機会があったら試食を食べてみて購入して欲しい炊飯器です。

 

バーミキュラライスポットの口コミ



関連記事

  1. 炊飯器は試食を食べてから
  2. マカエンペラーの価格とは
  3. タイトルおかしくない?